【 ありふれた 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 7 曲)まとめ

『 ありふれた職業で世界最強 』の原作は、WEB小説投稿サイト「小説家になろう」で人気を誇った作品のTVアニメ版です。異世界へと召喚された“いじめられっ子”の南雲ハジメが、吸血鬼のユエやさまざまなヒロインと出会い、錬成師という地味な能力のまま最強へ至る道を見つけるというストーリーが魅力的です。アニメの2期も決まり、ファンにとってはすでに待ちきれませんね。

そこで今回は『 ありふれた職業で世界最強 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)をまとめてゆきます。




アニメ『 ありふれた職業で世界最強 』とは

『ありふれた職業で世界最強』は、白米良による日本のライトノベル。小説投稿サイト「小説家になろう」にて2013年11月7日から連載。2019年7月から10月までAT-Xほかにて放送された。2期製作決定が、2019年10月7日放送の最終第13話にて発表。

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればただの鍛治職だった。最弱の彼は、クラスメイトにより奈落の底に落とされる。必死に生き足掻き、気がつけば世界最強・・・というありがちストーリー。

アニメ『 ありふれた職業で世界最強 』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ編

※オープニング(OP)曲は、全1曲あります。

OP1. Void_Chords feat.LIO『 FLARE 』

作詞 – Konnie Aoki / 作曲・編曲 – 高橋諒 / 歌 – Void_Chords feat.LIO

初代オープニング曲です。一言でいうと、「かっこいい曲」です。初めて聞いたとき、Kylee(カイリー)に似ているなと思ったのですが、歌詞をよく聞くと、こっちの方が大人(日本的)な内容です。

エンディングテーマ編

※エンディング(EN)曲は、全1曲あります。

EN1. DracoVirgo『ハジメノウタ』

作詞・作曲 – MAAKIII / 編曲 – SPINBUDDAH DracoVirgo / 歌 – DracoVirgo

初代エンディング曲です。ボーカルのMAAKIIIさんの歌声が本当に綺麗で美しいです。ベースやドラムもすごく格好いいんですが、やっぱりMAAKIIIさんの歌唱力にしびれます。このハジメノウタの作詞を担当したのはMAAKIIIさんとなっていますが、しっかりとアニメの内容に寄せた歌詞になっていて、その点も素晴らしいと思いました。

サントラ(挿入曲)編

※サントラ(挿入)曲は、全5曲あります。

挿1. ユエ(桑原由気)『 金色に染まる夜明け 』

歌 – ユエ

挿入曲です。静かすぎる闇の中で 踊りだした 光の螺旋 記憶の中で眠る 月がそっと目覚めた…という歌い出しの曲です。

挿2.  シア・ハウリア(高橋未奈美)『 FUTURE STEP 』

歌 -シア・ハウリア

挿入曲です。走って 転んであたふたして 泣きべそかいてそれでも 何度でもまた立ち上がってという歌い出しの曲です。

挿3. 畑山愛子(加隈亜衣)『 Harvest 』

歌 -畑山愛子

挿入曲です。遠くを 眺めている 君の 横顔に浮かぶ 切なくなるほど 強い決意の痕(あと) 迷わない その背中を ずっと 見つめてしまうのという歌い出しの曲です。

挿4.  ティオ・クラルス(日笠陽子)『 DRAGON’S HIGH 』

歌 -ティア・ラクルス

挿入曲です。これまで知らなかった 揺らめくこの世界でどんな歓( よろこ)びも出逢いも 痛みさえも翼. 高潔のBLACK FIRE という歌い出しの曲です。

挿5. 白崎香織(大西沙織)、八重樫雫(花守ゆみり)『 自分色の未来 』

歌 -白崎香織(大西沙織)、八重樫雫(花守ゆみり)

挿入曲です。あの日交わして 果たせなかった ano hi kawashite hatasenakatta 約束がまだここにあるのという歌い出しの曲です。

アニメ『 ありふれた職業で世界最強 』の人気曲ランキング

曲探しの参考までに『 ありふれた職業で世界最強 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆時)。

現在、調査中です・・・。

まとめ

▼ 『 ありふれた職業で世界最強 』公式HPへ(クリックで移動)

『 ありふれた職業で世界最強 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめてゆきました。

『 ありふれた職業で世界最強 』は、アニメの評価はいまいちですが、主題歌は良曲が多いです。アニメの2期も決定したので、2期での挽回に期待ですね。

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気関連アニメ





フォローする

▼ 同じカテゴリーの人気記事