【 マスターキートン 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 6 曲)一覧

1話完結,サバイバル,シリアス,マッドハウス,探偵,頭脳戦

『 MASTERキートン 』は、元SASのサバイバル教官にして考古学者兼探偵である、平賀=キートン・太一の活躍を描く作品で、血肉の通うヒューマンストーリーが特徴的 です。それにしても、作者の浦沢直樹さんは、多彩なジャンルを扱う漫画家として、才能に溢れていますね。

 

そこで今回は『 MASTERキートン』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)・人気ランキングをまとめます。




アニメ『 MASTERキートン』とは

『MASTERキートン』は浦沢直樹・勝鹿北星・長崎尚志脚本、浦沢直樹作画による漫画。1988年から1994年にかけて小学館『ビッグコミックオリジナル』に連載された。単行本はビッグコミックスから全18巻。1998年に原作の全144話の一部を全24話の一話完結式で映像化して日本テレビ系列が放送した。

ストーリーは複雑な経歴を持つ主人公(平賀=キートン・太一)が世界を舞台にさまざまな難事件を解決していくというもの。

アニメ『 MASTERキートン 』の歴代主題歌まとめ

オープニング曲

※ オープニング(OP)曲は、全 1 曲あります。

OP1. (インストゥルメンタル) 『 Railtown 』

曲名 Railtown
歌手 (インストゥルメンタル)
作詞 なし
作曲 蓜島邦明
編曲 なし

初代オープニング曲です。特に最初のスコットランドの楽器の音の部分が好きです。この民族風の曲調がマスターキートンに合ってなさそうであっていますね。

 

エンディング曲

※エンディング(EN)曲で、全 5 曲あります。

EN1. Blüe『 eternal wind 』

曲名 eternal wind
歌手 Blue
作詞 JUN
作曲 SAKI
編曲 Blue
KAZZ

初代エンディング曲です。マスターキートンで有名になったアーティストBLUEの曲です。隠された名曲というべきで、今聞いても、ありありですね。

 

 EN2. Kneuklid Romance『 ためいき 』

曲名 ためいき
歌手 KneuKlid Romance
作詞 KneuKlid Romance
作曲 KneuKlid Romance
編曲 KneuKlid Romance

2代目エンディング曲です。疲れきってもう声も出ない程 自分を切りさく事はないよ…という歌い出しの曲です。弾き語り風のギターと味のある声が素敵です。

 

EN3. 蓜島邦明『 from beginning 』

曲名 EVER
歌手 Blue
作詞 ARIHITO
作曲 SAKI
編曲 Blue

3代目エンディング曲です。再放送時に放映されました。さいたま市出身の作詞家・作曲家・編曲家のはい島さんの曲です。世にも奇妙な物語の曲を使った人として有名な方です。

 

EN4. Kneuklid Romance『 月と君と僕の関係 』

曲名 月と君と僕の関係
歌手 KneuKlid Romance
作詞 KneuKlid Romance
作曲 KneuKlid Romance
編曲 吉田光
KneuKlid Romance

4代目エンディング曲です。久しぶりにふとメロディー思い出して、聴きたくなります。 今聴いても懐かしくて良い曲ですね。

 

EDビデオ版収録. (インストゥルメンタル) 『 from beginning 』

曲名 from beginning
歌手 (インストゥルメンタル)
作詞  
作曲 蓜島邦明
編曲 渡辺拓也

5代目エンディング曲です。アーティストBLUEの2曲目のエンディングです。20年近く前なのに 古くさく感じないPVの1つ いい味が出ているバンドです。

 

アニメ『 MASTERキートン 』の人気曲ランキング

順位 歌手 曲名 備考 アクセス
1 (インストゥルメンタル) Railtown OP1 148787
2 Blue eternal wind ED1 33714
3 KneuKlid Romance 月と君と僕の関係 ED再放送時に放映 29421
4 KneuKlid Romance ためいき ED2 10222

『 MASTERキートン 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、 大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成しています(執筆時)。

まとめ

『 MASTERキートン 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめました。

 

『 MASTERキートン 』の主題歌は、たまに聴きたくなり、聞いたら、キートンがみたくなるような曲が多いです。それにしても 浦沢原作のアニメって、何でこんなに音楽いいんだろうと思えます。ぜひお聞きください。

 

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。