【 エマ 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 4 曲)一覧

studioぴえろ,イギリス,メイド,優柔不断,純愛,貴族

『 エマ 』は、森薫による日本の漫画作品です。1890年代のイギリスを舞台としており、ハウスメイドのエマと有力な貿易商の跡取り息子であるウィリアムとの身分違いの恋模様を描いた作品です。デビュー作ながらに細かに描かれる登場人物たちの心情に胸打たれる名作です。

 

そこで今回は『 エマ 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)・人気ランキングをまとめます。

アニメ『 エマ 』とは

エマ』は、作者の商業誌デビュー作であり、2005年春には『英國戀物語エマ』と題されてテレビアニメ化された。1期は、2005年4月から6月まで全12回。2期は、2007年4月より独立UHF局、5月よりメ〜テレでそれぞれ放送開始された。

舞台は階級社会があった1890年代。 主人公のエマは、良家の家庭教師を引退してロンドンで隠遁生活を送っている老婦人・ケリーの下で使用人としての教育を受け、家事全般を一人で取り仕切るメイドとして暮らしていた。

アニメ『 エマ 』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ編

※オープニング(OP)曲は、全 2  あります。

OP1. 梁邦彦Silhouette of a Breeze

曲名 Silhouette of a Breeze
歌手 (インストゥルメンタル)
作詞 なし
作曲 梁邦彦
編曲 梁邦彦

初代オープニング曲です。穏やかなクラシックのような楽曲で、作品の雰囲気とマッチしています。歌はついていません。そこがエマらしくてとてもいいです。ピアノの伴奏が美しいです。

 

OP2. 梁邦彦Silhouette of a Breeze Celtic version

曲名 Silhouette of a Breeze Celtic-version
歌手 (インストゥルメンタル)
作詞 なし
作曲 梁邦彦
編曲 梁邦彦

2代目オープニング曲です。こちらも引き続きクラシックのような曲ですが、初代のアレンジ曲になります。ケルト音楽っぽいアレンジになっていて、民族音楽らしい笛の音が特徴的です。

 

エンディングテーマ編

※エンディング(EN)曲は、全 2 曲あります。

EN1.東京リコーダーオーケストラMenuet for EMMA

曲名 Menuet for EMMA
歌手 (インストゥルメンタル)
演奏 東京リコーダーオーケストラ
作詞 なし
作曲 梁邦彦
編曲 ED 1

初代エンディング曲です。リコーダーの音色が少しもの寂しさを感じさせる楽曲です。美しい笛の音で、身分違いの切ない恋心を表していて作品の雰囲気にぴったりです。

 

EN2. 梁邦彦Rondo of Lily bell

曲名 Rondo of Lily bell
歌手 (インストゥルメンタル)
作詞 なし
作曲 梁邦彦
編曲 梁邦彦

2代目エンディング曲です。初代と比べて明るい雰囲気の楽曲です。想いが通じ合ってからのエマとウィリアムを描いているところなので、恋心を少しずつ育んでいく様子に合った楽曲になっています。

 

アニメ『 エマ 』の人気曲ランキング

順位 歌手 曲名 備考 アクセス
1 (インストゥルメンタル) Silhouette of a Breeze OP1 64255
2 (インストゥルメンタル) Silhouette of a Breeze Celtic-version OP1 45837
3 (インストゥルメンタル)
演奏 東京リコーダーオーケストラ
Menuet for EMMA ED1 28838
4 (インストゥルメンタル) Rondo of Lily bell ED1 21376

『 エマ 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、 大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成しています(執筆時)。

まとめ

『 エマ 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめました。

 

『 エマ 』の主題歌は、クラシックのような落ち着いた楽曲が多いです。1890年代のヴィクトリア朝のイギリスを絶妙に表現しています。統一感があり、非常に美しい楽器の音色が楽しめます。歌のついていないアニソンが好きという方にもおすすめです。

 

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。