【 ドメスティックな彼女 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 6 曲)一覧

マガジン,姉妹,教師,漫画原作,高校生

『 ドメスティックな彼女 』は、週刊少年マガジンで連載している、流石景による日本の漫画作品です。少年漫画ながらに少し過激な表現もあり、社会的な問題も題材にしている革新的なストーリーです。しかし少年漫画らしいコメディな部分もあり、そういったギャップも魅力の一つです。

 

そこで今回は『 ドメスティックな彼女 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)・人気ランキングをまとめます。




アニメ『 ドメスティックな彼女 』とは

『ドメスティックな彼女』は、2019年1月から3月まで、毎日放送『アニメイズム』B1枠ほかにて放送された。2014年4月23日より週刊少年マガジンにて連載中。

高校生・夏生は明るくて人気者の教師・陽菜にかなわぬ恋をしていた。だが、合コンで出会った陰のある少女・瑠衣と関係をもってしまう。そんなとき、父が再婚することに。 相手が連れてきた子供が、なんと陽菜と瑠衣で!? カゲキな新生活が今、始まる!

アニメ『 ドメスティックな彼女 』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ編

※オープニング(OP)曲は、全 1 曲あります。

OP1. 美波カワキヲアメク

曲名 カワキヲアメク
歌手 美波
作詞 美波
作曲 美波
編曲 美波

初代オープニング曲です。色っぽい歌声とピアノの音色が印象的な楽曲です。ささやくような歌い方が作品らしくてときめきます。サビは力強く、少年漫画らしさもあります。

 

エンディングテーマ編

※エンディング(EN)曲は、全 2 曲あります。

EN1. 瀧川ありわがまま


曲名 わがまま
歌手 瀧川ありさ
作詞 瀧川ありさ
作曲 瀧川ありさ
編曲 ED 1

初代エンディング曲です。透き通った歌声の美しい楽曲です。青春時代の片思いの切ない心情を丁寧に歌った曲で、歌詞メロディーともに非常に美しい曲です。

 

EN2. 瀧川ありAlways


曲名 Always
歌手 瀧川ありさ
作詞 瀧川ありさ
作曲 瀧川ありさ
編曲 重永亮介

2代目エンディング曲です。初代と同じく瀧川ありささんの美しい透明感のある楽曲です。切なさを含んだところは似ていますが、こちらのほうが希望が見えるような甘さの含まれた曲になっています。

 

サントラ(挿入曲)編

※ サントラ(挿入)曲は、全 2 曲あります。

挿1. 橘陽菜(日笠陽子)儚いキスで終わらせて

曲名 儚いキスで終わらせて
歌手 橘陽菜(CV:日笠陽子)
作詞 ZAI-ON
作曲 ZAI-ON
編曲 ZAI-ON

挿入曲です。7話で使用されました。ヒロインのひとりである 橘陽菜の声優さん、日笠陽子さんによる楽曲で、非常に高い歌唱力です。ヒロインの切ない心情が伝わってくる曲になっています。

 

IN第7話. 美波 『 Prologue 』

曲名 Prologue
歌手 美波
作詞 美波
作曲 美波
編曲 美波

挿入曲です。7話で使用されました。生きることも慣れた 歩くことも飽きた止まることが増えた 始めることを辞めた 僕は分かんなかった 僕は欲しかっ …という歌いだしの曲です。

 

IN第11話. 橘瑠衣(CV:内田真礼) 『 Monochrome 』


曲名 Monochrome
歌手 橘瑠衣(CV:内田真礼)
作詞 伊藤直樹
作曲 伊藤直樹
編曲 伊藤直樹

挿入曲です。11話で使用されました。こちらももうひとりのヒロインである橘瑠衣の声優さん、内田真礼さんによる楽曲です。片思いの辛い心情が溢れた楽曲です。

 

アニメ『 ドメスティックな彼女 』の人気曲ランキング

順位 歌手 曲名 備考 アクセス
1 美波 カワキヲアメク OP 137,439,180
2 美波 Prologue IN第7話 2,380,412
3 瀧川ありさ わがまま ED1 157,858
4 橘陽菜(CV:日笠陽子) 儚いキスで終わらせて IN第7話 66,370
5 瀧川ありさ Always EDスポット放映第8話 25,895
6 橘瑠衣(CV:内田真礼) Monochrome IN第11話 25,208

『 ドメスティックな彼女 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、 大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成しています(執筆時)。

 

まとめ

『 ドメスティックな彼女 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめました。

 

『 ドメスティックな彼女 』の主題歌は、作品のテーマ的も片思いのラブソングが多くなっています。切ない雰囲気のある楽曲が多いので、しんみりとしたい気分の時にはおすすめです。

 

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。