【 鋼の錬金術師 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 22 曲)まとめ

『鋼の錬金術師』は、2017年に実写化もされ、TVアニメとして放映されていた頃には、日本だけでなく、アメリカにおいても数々の賞を受賞した作品です。度々耳にするその主題歌は、頭の中にアニメの映像を引き起こし、興奮する方も多いのではないでしょうか。

今回は、『鋼の錬金術師の主題歌・人気曲ランキング』をまとめていきます。




アニメ『鋼の錬金術師』とは

鋼の錬金術師』は、荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』を原作としたボンズ制作の日本のファンタジーアニメ。

テレビアニメ作品として2003年からまでMBS製作・TBS系列ほかにおいて放送された。テレビシリーズアニメとして『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』が2009年4月から2010年7月までMBS・TBS系列 (JNN)で放送された。

アニメ『鋼の錬金術師』の歴代主題歌

1期(2003年)

※ オープニング(OP)曲・エンディング(EN)曲で、全 8 曲あります。

OP1. ポルノグラフティ『メリッサ』

歌 – ポルノグラフィティ / 第1期(第2 – 13話)

初代オープニング曲に起用された曲です。ハガレンといえばこの曲。ポルノといえば、この曲。イントロのベースから引き込まれていきます。今もテレビやライブで時々演奏される、リリースから10年以上が経っても愛されている名曲です。

OP2. L’Arc〜en〜Ciel『READY STEADY GO』

歌 – L’Arc〜en〜Ciel / 第2期(第14 – 25話)

2代目オープニング曲ラルク復帰第一弾であった本曲は、個々の完璧なまでの演奏技術とボーカルのずばぬけた歌唱力が織り成す、スピード感あふれる曲となりました。あくまでもロック色を失わず、新たな挑戦をつづける彼らの復活にふさわしい曲です。

OP3. COOL JOKE『UNDO』

歌 – COOL JOKE / 第3期(第26 – 41話)

3代目オープニング曲エモーショナルな熱っぽさに導かれる本曲からは、歌を届けようとする真摯な姿勢が伝わってきます。そのため、メロディは刻み込む力に満ちてます。鋼の錬金術師のアニメの内容にすごくあっていて、明るい感じのメロディなのに、よく聞くと悲しい歌詞となっています。

OP4. ASIAN KUNG-FU GENERATION『リライト』

歌 – ASIAN KUNG-FU GENERATION / 第4期(第42 – 51話)

4代目オープニング曲イントロから最後までの重厚なサウンド、淡々としたリズムから一気に転調するサビのインパクト、もう完璧です!痺れるようなゴリゴリのロック感はアジカンの曲の中でも随一です。

EN1. 北出菜奈『消せない罪』

歌 – 北出菜奈 / 第1期(第2 – 13話)

初代エンディング曲です。歌詞がとてもいいです。きちんと物語の内容に沿っていて曲自体も雰囲気が良いです。北出さんのロックな歌い方+バラード系+ロックな音楽でバランスが不思議な事に良いです。

EN2. YeLLOW Generation

歌 – YeLLOW Generation / 第2期(第14 – 24話)

2代目エンディング曲です。深くて切ない曲です。「鋼の錬金術師」というアニメのエンディングソングはこれ以外ありえない。それくらいに歌詞が深い曲です。アニメのテーマとピタリとリンクして見事な映像美と感性美をこれほど醸し出してる歌です。「歌詞をとにかく重要視して歌を作ります」と言っているイエロージェネレーションは、見事にその言葉をこの歌で表現しています。

EN3. Crystal kay『Motherland』

歌 – Crystal Kay / 第3期(第26 – 41話)

3代目エンディング曲です。気持ちをを伝えられないまま、遠くへ行ってしまった恋人を、それでも優しい気持ちで想い続けずにはいられないという、胸打たれるミドルバラード曲です。クリスタル・ケイのヴォーカリストとしてのスキルを存分に発揮した曲です。

EN4. Sowelu『I Will』

歌 – Sowelu / 第4期(第42 – 50話)

4代目エンディング曲です。全体の起承転結が大きいドラマチックな曲です。それでいて聞いていて疲れないのはやはりSoweluの声がこの曲にマッチしているからだと思います。R&B色の濃いダンサブルなトラックです。

2期 FULLMETAL ALCHEMIST(2009年)

※ オープニング(OP)曲・エンディング(EN)曲で、全 10 曲あります。

OP1. YUI「again」

作詞・作曲・歌 – YUI / 編曲 – 近藤ひさし 第1期(第1話 – 第14話)

初代オープニングテーマ曲。段々と聞いてる内に歌詞の意味が凄い重みを感じました。鋼の錬金術師のOPとしても歌詞が絶妙にマッチしていて、YUIの復帰するまでのこのもどかしい気持ちも入っていて凄い曲です。

OP2. NICO Touches the Walls「ホログラム」

作詞・作曲 – 光村龍哉 / 編曲 – 亀田誠治 & NICO Touches the Walls / 歌 – NICO Touches the Walls 第2期(第15話 – 第26話)

2代目オープニングテーマ曲。新しい次への1歩を力強く踏みだしていく感じがアニメとぴったりの曲。個人的には各サビや同じようなフレーズの部分でイントネーションなどを少しずつ変えて歌っているとこがすばらしいと思います!

OP3. スキマスイッチ「ゴールデンタイムラバー」

作詞・作曲・編曲 – 大橋卓弥、常田真太郎 / 歌 – スキマスイッチ 第3期(第27話 – 第38話)

3代目オープニングテーマ曲。スキマスイッチの新境地とも言える強力作!!スピード感全開のサウンドに緊張感あるリリックが印象的なスキマスイッチの新境地とも言える曲です。

OP4. CHEMISTRY「Period」

作詞 – 川畑要 / 作曲 – Jonas Myrin、Peter Kvint、江上浩太郎 / 編曲 – 板垣祐介 / 歌 – CHEMISTRY 第4期(第39話 – 第50話)

4代目オープニングテーマ曲。相変わらずケミストリーの歌唱力はハンパないです。本当に圧巻です。川畑君作詞のperiodは二人がshoutしてる、力強くて励まされる本当にいい曲だと思います。

OP5. シド「レイン」

作詞 – マオ / 作曲 – ゆうや / 編曲 – シド、西平彰 / 歌 – シド 最終期(第51話 – 第60話、第62話)

5代目オープニングテーマ曲。最終期テーマソングとなっている本作「レイン」は、淡く優しいメロディーがエドとアル二人の兄弟を包み込むかのような包容力を持ったバラード作品。どこか「御手紙」に通じるような和の旋律に、儚げな歌と歌詞が壮大な物語とリンクしていて世界観に溶け込むかのような感覚です。

EN1. シド「嘘」

作詞 – マオ / 作曲 – ゆうや / 編曲 – シド、西平彰 / 歌 – シド 第1期(第1話 – 第14話)

初代エンディングテーマ曲。ヴィジュアル系バンド・アニメソングといった、先入観を抜きに、聴いてみて欲しい曲です。彼らの、歌唱力・演奏力・心をつかむメロディー,歌詞に驚かされます。哀愁漂うメロディとマオの歌声がマッチして、とても綺麗な曲に仕上がっています。

EN2. 福原美穂「LET IT OUT」

作詞・歌 – 福原美穂 / 作曲 – 福原美穂、山口寛雄 / 編曲 – 安原兵衛 第2期(第15話 – 第26話)。

2代目エンディングテーマ曲。アレンジは、軽やかに。アコースティック・ギターの音色に乗せて。ポップス・アレンジ。メロディは、福原美穂によるものらしく。例えるならセピア色のような。彼女による歌唱は、いつもリスナーの胸を刻むように。伸びのある、天に届くような、澄んだ歌声です。

EN3. Lil’B「つないだ手」

作詞 – AILA / 作曲・編曲 – 黒光雄輝 / 歌 – Lil’B 第3期(第27話 – 第38話)

3代目エンディングテーマ曲。とても切ない歌詞とメロディーはとても素直に胸を打ちますし、主題の「つないだ手」というありふれた愛の形式が良くて、「何度もこの手をつなぎ直しながら、どんな道だって一緒に歩くんだ」の辺りでキューンときます。

EN4. SCANDAL「瞬間センチメンタル」

作詞 – SCANDAL、小林夏海 / 作曲 – 田鹿祐一 / 編曲 – 川口圭太 / 歌 – SCANDAL 第4期(第39話 – 第50話)

4代目エンディングテーマ曲。疾走感のあるイントロ、サビへの入り方、原作の内容に合った歌詞などがカッコいい曲です。アニメでは1番しか流れませんが、2番のメロディーが1番と違ってたり、一瞬ボーカルが変わったりしてるのが良いのか、続けて聴いてても飽きません。

EN5. 中川翔子「RAY OF LIGHT」

作詞・歌 – 中川翔子 / 作曲 – 鈴木健太朗、木村篤史 / 編曲 – 島田昌典 終期(第51話 – 第62話)

5代目エンディングテーマ曲。「今日よりもっと強くなりたい」エルリック親子の物語と中川翔子自身の思いを重ねて作られた詩が心に響きます

映画主題歌編 

MS1. L’Arc〜en〜Ciel『LINK』

『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』オープニング・テーマ。夏にピッタリくる、疾走感あふれるアップテンポ曲は、明るくて爽やかで、一度聴いたら忘れないほどキャッチーで…そして、ちょっぴり切ないです。「大空へと僕は真っ白に舞い上がり守ってあげる」という歌詞が印象的です。

MS2. L’Arc〜en〜Ciel『LOST HEAVEN』

『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』エンディング・テーマです。歌詞に関してhydeは「たった一つの楽園などなく人それぞれが思い描く楽園があるということを言いたかった」と述べています。

MS3. L’Arc〜en〜Ciel『 GOOD LUCK MY WAY 』

作詞 – hyde / 作曲 – tetsuya / 編曲 – L’Arc〜en〜Ciel、西平彰 / 歌 – L’Arc〜en〜Ciel

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』の主題歌ラルク×鋼の強力タッグを更にアピールすべく、ラルクとしては初の試み、期間生産限定盤もリリース。ここからまた新たな伝説が始まります。

MS4. miwa『chasing hearts 』

作詞・作曲・歌 – miwa / 編曲 – Naoki-T

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』のオープニング歌miwaの透き通った歌声が、印象的な楽曲。青空にかざした隙間から顔を出す夏雲 後ろから君を呼ぶいつもより無邪気な笑顔で・・・という歌いだしの曲です。

鋼の錬金術師 人気主題歌ランキング

曲探しの参考までに、『鋼の錬金術師(ハガレン)』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、みなさんの大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆現在)

5位   YeLLOW Generation『扉の向こうへ』 PV数 73018

4位   COOL JOKE『UNDO』 PV数 90968

3位   北出菜奈『消せない罪』 PV数 247611

2位   ポルノグラフティ『メリッサ』PV数 556682

1位 ASIAN KUNG=FU GENERETION『リライト』PV数 609258

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS人気な主題歌ランキングを紹介します。

5位   福原美穂『LET IT OUT』 PV数 109469

4位   SCANDAL『瞬間センチメンタル』 PV数 186213

3位   NICO Touches the Walls『ホログラム』 PV数 362844

2位   スキマスイッチ『ゴールデンタイムラバー』PV数 399843

1位 YUI『again』PV数 462682  

まとめ

▼ TVアニメ「鋼の錬金術師」(クリックで移動)

『鋼の錬金術師の主題歌・人気曲ランキング』をまとめていきました。

『鋼の錬金術師』シリーズの主題歌は、ポルノ・グラフティー、ラルク、アジカンなどを筆頭に2000年代に活躍したアーティストたちが担当するなど、いかにアニメ『ハガレン』が人気だったことが、主題歌からも伺えます。今、振り返ってみても色あせない、名曲の数々なので、定期的に聴きたくなりますね。

Youtubeの再生リストへ

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気関連アニメ