【 七つの大罪 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 19 曲)一覧

お姫様,マガジン,主人公最強,戦闘

『七つの大罪』は、漫画、ゲームだけでなく、小説やアニメまで多くのメディアでコンテンツ化された作品です。特にアニメは、2018年1月より新シリーズを放送開始した他、2018年の夏(8月)に劇場版が公開されることが決定しています。

 

そこで今回は『七つの大罪の歴代主題歌』をまとめます。




アニメ『七つの大罪』とは

『七つの大罪』は、鈴木央による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』にて2011年から連載を開始。人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の戦いを描く。

2014年4月16日にテレビアニメ化が発表され、同年10月より2015年3月まで放送された。

アニメ『七つの大罪』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ編

※ オープニング曲が 全 9 あります。

OP1. いきものがかり『熱情のスペクトラム』

作詞・作曲 – 水野良樹 / 編曲 – 近藤隆史、田中ユウスケ / 歌 – いきものがかり

初代オープニング曲です。躍動感のあるメロディと力強い歌声は、冒険をしながら希望や愛を見つけ出す少年の気持ちを歌っています。ポップな曲が多いいきものがかりですが、七つの大罪のために書き下ろしたこの曲は、これまでのイメージを払拭する楽曲となっており、アニメとのイメージも合っています。

 

OP2. MAN WITH A MISSION『Seven Deadly Sins』

作詞 – Kamikaze Boy、Jean-Ken Johnny / 作曲 – Kamikaze Boy / 編曲・歌 – MAN WITH A MISSION

2代目オープニング曲です。七つの大罪の主人公であるメリオダスの気持ちを歌った歌詞。秘められた暗い過去を持ちながらも、いつも明るく振舞うメリオダス。その体には、魔人という悪魔が住み着いているとされ、自らの悪魔と葛藤している心情を表しています。爽やかな感じの曲調ですが、ポイントポイントで締まりがある感じです。

 

OP3. MUCC『CLASSIC』

詞 – YUKKE、達瑯 / 作曲 – YUKKE / 編曲 – ミヤ & Ken / 歌 – MUCC

3代目オープニング曲です。L’Arc~en~Cielのギター担当でもあるKenがプロデュースしていることでも話題になった曲です。元々「七つの大罪」に向けて制作された曲ではなかったそうですが、アニメで使ってもらえるような曲として書き下ろした曲だそうです。歌詞に登場する”罪”という単語と、その世界観がアニメの世界とばっちり融合しています!。

 

OP4.  FLOW×GRANRODEO『Howling』

作詞 – Kohshi Asakawa、Keigo Hayashi、Kisho Taniyama / 作曲 – Takeshi Asakawa、Masaaki Iizuka / 編曲・歌 – FLOW×GRANRODEO

4代目オープニング曲です。FLOW×GRANRODEOは、それぞれで活動しているFLOWとGRANRODEOの“未体験ゾーン”なコラボユニットです。爽快なメロディーと、7人が織りなすサウンドは元気や勇気をもらえます。また「七つの大罪」と7人のメンバー融合させることで「7-seven-」というタイトルがフィットしてます。

 

OP5. スカイピース『雨が降るから虹が出る』

(第13話 – )作詞・歌 – スカイピース / 作曲・編曲 – 宮川拓

5代目オープニング曲です登録者数140万人、総視聴回数6億回超えの超大人気YouTuberスカイピース初のシングルリリース曲。春休みワンマンライブ全国ツアーも1秒でSOLD OUT!!今最もチケットがとれないアーティストとなったスカイピースの勢いはとめられません。

 

OP6. UVERworld『ROB THE FRONTIER』

作詞はTAKUYA∞、作曲は信人とTAKUYA∞、編曲はUVERworldと平出悟。

6代目オープニング曲です。REVERSIを彷彿とさせるような曲です。EDM調が多かった最近の曲ですが今作はバリバリのバンドサウンドです。素直にかっこいいと思いました。

 

OP7. シド『delete』

作詞はマオ、作曲は御恵明希、編曲・歌はシド。

7代目オープニング曲です。印象的なセットの中でメンバー4人が向かい合い、時に激しく、時にきらびやかに繰り広げられるエモーショナルな演奏が見る者を釘付けにしてしまうシドらしいインパクトのある仕上がりとなっています。

 

OP8. 岡野昭仁『 光あれ 』

作詞はn-buna、作曲・編曲は澤野弘之、歌は岡野昭仁。

8代目オープニング曲です。作詞をヨルシカのn-bunaが、作曲・編曲を澤野弘之が担当。 ミュージックビデオではYouTuber進撃のYとコラボしており、本人の憧れのGKである横浜FCの現役GK六反選手との直接対決の様子を記録しています。

 

OP9. 雨宮天『 永遠のAria 』

作詞は上坂梨紗、作曲は家原正樹とGiz’Mo (from Jam9)、編曲は家原。

9代目オープニング曲です。自身がヒロイン・エリザベス役としてアニメの声優を行っています。曲は、ピアノと12弦ギターによるアコースティックアレンジで歌唱する曲です。

 

エンディングテーマ編

※エンディング曲が 全 8 曲あります。

EN1. FLOW×GRANRODEO『7 -seven-』

作詞 – Kohshi Asakawa、谷山紀章 / 作曲 – Takeshi Asakawa / 編曲・歌 – FLOW×GRANRODEO

初代エンディング曲です。FLOW×GRANRODEOは、それぞれで活動しているFLOWとGRANRODEOの“未体験ゾーン”なコラボユニットです。爽快なメロディーと、7人が織りなすサウンドは元気や勇気をもらえます。また「七つの大罪」と7人のメンバー融合させることで「7-seven-」というタイトルがフィットしてます。

 

EN2. 瀧川ありさ『Season』

作詞・歌 – 瀧川ありさ / 作曲・編曲 – 瀧川ありさ、渡辺拓也

2代目エンディング曲です。女性目線で歌われる歌詞は、まるで「七つの大罪」のヒロインであるエリザベスの心情を描いたようです。主人公メリオダスと出会った事で、これまでの狭い世界からの脱出をして新しい未来を一緒に歩んでいく姿が、目に浮かんできます。そして、何よりも爽快感のあるメロディと歌声に癒される楽曲となっています。

 

EN3. 瀧川ありさ『色褪せない瞳』

作詞・歌 – 瀧川ありさ / 作曲 – 奥井康介、瀧川ありさ / 編曲 – 渡辺拓也

3代目エンディング曲です。「七つの大罪」では、多くのキャラクターが登場しますが、それぞれ個性の強いキャラクターばかりです。人はそれぞれに個性があって、例え人と違う道を進んだとしても、それが自分を信じられる道ならば間違いではないんだよ、と語っている曲です。

 

EN4. Anly『Beautiful』

(第1話 – 第12話)作詞・作曲・歌 – Anly/ 編曲 – Jeff Miyahara

4代目エンディング曲ですシンプルで、ストレートなラブソングです。いきなり耳を奪われるのではなく、繰り返し聴くうちにしみじみと。前向きな気持ちになりたい時に聴きたい曲です。

 

EN5. 雨宮天『誓い』

(第13話 – )作詞 – TOMO / 作曲 – glasswerks / 編曲 – Carlos K. / 歌 – 雨宮天

5代目エンディング曲です。彼女がヒロイン・エリザベスの声優を務めるアニメ「七つの大罪 戒めの復活」の第2クールエンディングテーマ。エリザベスの心情を表したような、優しさと力強さを兼ね備えたバラード曲です。

 

EN6. 雨宮天『Regeneration』

作詞はKOUTAPAI、作・編曲はSaku。

6代目エンディング曲です。切なくも力強さを感じさせる曲調が印象的で、絶望に立ち向かう試練を表しているようです。特にサビ部分は歌詞と相まって、心にジンと来るものを感じます。暗闇に佇むエリザベスを照らす七つの光。それはかけがえのない仲間達との絆。決して自分を見失わないエリザベスと、彼女を支える七つの大罪をテーマにした曲と言えるでしょう。

 

EN7. 足立佳奈『Good day』

作詞は足立佳奈と中村泰輔、作・編曲は中村泰輔。

7代目エンディング曲です。曲自体はとても元気が出たり前向きになれる曲で、良い曲だと思います。アニメ七つの大罪のタイアップで主人公のメリオダスとヒロインのエリザベスの想いが書かれた曲でもあると思いました。

 

EN8. SawanoHiroyuki[nZk]:ReoNa『 time 』

作詞はcAnON.、作曲・編曲は澤野弘之、歌はSawanoHiroyuki[nZk]:ReoNa。

8代目エンディング曲です。“絶望系アニソンシンガー”ReoNaをゲストボーカルに迎えることが発表され反響を呼んだ。SawanoHiroyuki[nZk]:ReoNaが担当しました。

 

EN9. UVERworld『 NAMELY 』

作詞はTAKUYA∞、作曲は彰・Yuzuru Kusugo・Satoshi Shibayama、編曲はUVERworldと平出悟。

9代目エンディング曲です。UVERworldの真骨頂とも言えるミドルテンポのロック色の強いバラード曲! です。NAMELYのメロディは久しぶりに昔のUVERを思い出すような懐かしい感じのする曲ですが、やっぱ歌詞が良いですね。何度聴いても飽きがこないです。

 

劇場版主題歌 編

MS. 乃木坂46『空扉』

作詞は、作・編曲は秋元康

劇場版主題歌です。秋元康による書き下ろしの新曲「空扉」(そらとびら)。本作でヒロインのエリザベス役を演じる梅澤美波は、「とても爽快感があって夏にピッタリな楽曲になっています! この曲で劇場版『七つの大罪』の勢いをもっともっと加速できるように、メンバーも一生懸命頑張りたいと思います!」とコメントしています。

 

アニメ『七つの大罪』の人気主題歌ランキング

順位 歌手 曲名 備考 アクセス
1 いきものがかり 熱情のスペクトラム OP1 536441
2 FLOW×GRANRODEO 7 -seven- ED1 201884
3 MAN WITH A MISSION Seven Deadly Sins OP2 121086
4 瀧川ありさ Season ED2 104410
5 Mika Kobayashi & mpi Perfect Time 挿入歌 100797
6 キング[CV.福山潤] 飛んでピース イメージソング 27232
7 メリオダス[CV.梶裕貴] カンパイ!! イメージソング 24649
8 バン[CV.鈴木達央] Never-ending イメージソング 21278
9 ギルサンダー[CV.宮野真守] Righteous Thunder イメージソング 13102
 
 『七つの大罪』で人気な曲ランキングを紹介します。本ランキングは、大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成しています(執筆時)。

※ 初代の曲が人気なのは、いつも通りですね。特にいきものがかりの歌う初代オープニング曲『熱情のスペクトラム』は、豪華なアーティストが歌う本アニメの主題歌において、多くのファンに支持されています。

まとめ

 『七つの大罪』の歴代アニメ主題歌をまとめました。

 

『七つの大罪』では、多数の有名ミュージシャンがOP曲やED曲を担当しています。1月からは、新シリーズが放送されていますが、過去 のアニメを再チェックするも良し! OP曲やED曲をBGMにしながら、漫画を読み返すのも良し!。 本作で織りなすファンタジーの世界に浸ってみるのはいかがでしょうか。

 

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。