【 ドルアーガの塔 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 5 曲)まとめ

『 ドルアーガの塔 』は、バンダイナムコゲームス開発のコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』を原作としたテレビアニメ作品で、2008年より第1期が、2009年から第2期が放送されました。アニメーション制作はGONZOが担当しており、それぞれ12話編成となっています。主人公のジルを中心とした仲間たちが、ドルアーガの塔を登っていく姿が描かれ行きます。

そこで今回は『 ドルアーガの塔 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)をまとめます。

【アニメソング総選挙2020年】Youtubeまとめ・今すぐフルで聞けます!

  • 第10位 炎炎ノ消防隊「インフェルノ」/Mrs. GREEN APPLE
  • 第9位 涼宮ハルヒの憂鬱「God knows…」/涼宮ハルヒ(CV:平野綾)
  • 第8位 シティーハンター「Get Wild」/TM NETWORK
  • 第7位 進撃の巨人「紅蓮の弓矢」/Linked Horizon
  • 第6位 とある科学の超電磁砲「only my railgun」/fripSide
  • 第5位~第1位は?




アニメ『 ドルアーガの塔 』とは

『ドルアーガの塔 』は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームズ)が1984年に制作したコンピュータゲームを原作としたテレビアニメシリーズである。
2008年に第1期が、2009年に第2期がそれぞれ12話編成で放送された。

キャッチコピーは「世界の行く末はその塔に束ねられた」。主人公のジルや、カーヤを中心とした仲間たちがドルアーガの塔を登っていく姿が描かれていく作品である。

アニメ『 ドルアーガの塔 』の歴代主題歌まとめ

1期

※ オープニング(OP)曲・エンディング(EN)曲で、全 2 曲あります。

OP1. ムラマサ☆SWINGING

作詞・作曲 – トシヒロ / 歌 – ムラマサ☆

初代オープニング曲です。男女8人組バンド、ムラマサ☆によるアップテンポな楽曲です。様々な楽器が使用され、明るい歌声も相まって聞いていると元気になれそうですね。ムラマサの曲はほんとせつない。どこかでせつないメロディが必ず入ってる。だからどの曲も良いです。

EN1. KENN塔頂者たち

作詞 – 山田ひろし / 作曲・編曲 – 渡部チェル / 歌 – KENN

初代エンディング曲です。主人公のジル役を務めたKENNさん自身がエンディングテーマを歌いました。エンディングではありますが明るく、聞いていると次の物語も楽しみなってくるような、素敵な1曲となっています。

2期

※オープニング(OP)曲・エンディング(EN)曲で、全 3 曲あります。

OP1. 中村優Questions?

作詞 – 山田ひろし / 作曲・編曲 – 渡部チェル / 歌 – 中村優

初代オープニング曲です。合いの手が印象的で、1期と同じく明るい曲調のオープニングテーマとなっています。中村優さんはタレントとしても活躍されていて、この声を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

EN1. カーヤ(折笠富美子)魔法使いですけど。

作詞 – 山田ひろし / 作曲・編曲 – 渡部チェル / 歌 – カーヤ(折笠富美子)

初代エンディング曲です。登場人物のカーヤ役を務めた折笠富美子さんが歌われた楽曲。優しい歌声ですが、明るく爽やかな楽曲となっています。魔法使いですけど 出来ないことあります 本当の気持ちとか 上手く伝えられませんし あなたがいる 隣にいることを …という歌いだしの曲です。

EN2. ムラマサ☆SWINGING

作詞・作曲 – トシヒロ / 歌 – ムラマサ☆

2代目エンディング曲です。2期の最終話を飾ったのは、1期のオープニングテーマでもある本楽曲でした。シリーズを通して見た人にとっては、聞こえ方も違ったのではないでしょうか。モノクローム この僕を照らしてカラフルにまるで年老いた チークダンスいつかのどこかの 映画で見たみたいダンスフロアーのエンドロール swinging swinging …という歌いだしの曲です。

アニメ『 ドルアーガの塔 』の人気曲ランキング

『 ドルアーガの塔 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成しています(執筆時)。

現在、調査中・・・

まとめ

▼ 『 ドルアーガの塔 』公式HPへ(クリックで移動)

『 ドルアーガの塔 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめました。

『 ドルアーガの塔 』の主題歌は、明るく爽やかな楽曲が多く、聞いていると元気づけられるものばかりとなっていました。バンド、タレント、声優と様々な人たちが歌われ、当時の視聴者を楽しませてくれたのではないでしょうか。原作がアーケードゲームという事もあり、様々な層に触れられた本作品。興味がある方は、是非アニメの視聴や、どういったゲームなのかを調べてみてはいかがでしょうか。

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

人気関連アニメ


フォローする

▼ 同じカテゴリーの人気記事