【 ギヴン 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 6 曲)まとめ

07/05/2021音楽アニメ,ラブストーリー

『 ギヴン 』は、2013年から連載が始まり、現在5巻まで刊行。人気BLシリーズとして知られている作品です。もはや、商業BL界で今一番波に乗っている作品のアニメ化と言っても過言ではないのではないでしょうか。主題歌は、歌詞もメロディも声もアレンジも全て良いです。

 

そこで今回は『 ギヴン 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)・人気ランキングをまとめます。




アニメ『 ギヴン 』とは

アニメを視聴する

『ギヴン』は、キヅナツキによる日本の漫画。『シェリプラス』(新書館)にて2013年ハル号より連載中。2019年7月から9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送された。ノイタミナ枠としては初のボーイズラブ作品。

ロックバンドのメンバーたちを中心とする青春群像劇を描いたボーイズラブ作品。

アニメ『 ギヴン 』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ編

※オープニング(OP)曲は、全  1 曲 あります。

OP1. センチミリメンタル『 キヅアト 』

作詞・作曲・編曲・バンドサウンドディレクション・センチミリメンタル

初代オープニング曲です。キヅアトの「君」への切ないやるせない気持ちが伝わってきて、泣ける曲でした。歌声がそんな気持ちをより一層伝えていて、一曲でこんなに出来上がってるものがあるのか、と思いました。

 

エンディングテーマ編

※エンディング(EN)曲は、全  1  曲 あります。

EN1. ギヴン『 まるつけ 』

作詞・作曲・編曲・バンドサウンドディレクション・センチミリメンタル

初代エンディング曲です。ゆったりした曲調、悲しさがあるけれど、明るいテンポがそれを感じさせない。歌詞を読むと、切ないです。とても素敵な楽曲で作詞作曲者さんに感謝 アニメのために書き下ろしてくれて世界観を再現してくれてると思います。

 

 

サントラ(挿入曲)編

※ サントラ(挿入)曲は、全 2 曲あります。

挿1.  佐藤真冬役(矢野奨吾) 『 session 』

作詞・作曲・編曲・バンドサウンドディレクション・センチミリメンタル

挿入曲です。the seasonsによる第1、2、9話劇中曲です。作りてのセンチミリメンタルは、もともとのルーツがクラシックピアノということも、苦戦した1曲。原作でセッションで曲を作り上げるシーンがあって、その衝動感やそれぞれのパートの強みみたいなものを大事にしたいとコメントしています。

 

挿2. 佐藤真冬役(矢野奨吾)『 冬のはなし 』

作詞・作曲・編曲・バンドサウンドディレクション・センチミリメンタル

挿入曲です。劇中バンド<ギヴン>による第9、10話劇中歌。 曲が、リアル世界でメジャーデビュー。“ギヴン"のボーカルを務めるの真冬の声、凄くイイです。

 

 

劇場版主題歌

※映画主題歌は、全 2 曲あります。

MS1. センチミリメンタル『 僕らだけの主題歌 』

作詞・作曲・編曲・バンドサウンドディレクション・センチミリメンタル

映画主題歌です 今回も自身の担当する主題歌だけでなく作中BANDのギヴン曲もプロデュース。溢れる才能を惜しげもなく発表します。世界中のひとりぼっち達に愛をといったメッセージが込められています。

 

MS2. ギヴン『 夜が明ける 』

作詞・作曲・編曲・バンドサウンドディレクション・センチミリメンタル

映画挿入曲です。同映画の主題歌を担当するセンチミリメンタルが行っています。眠れなくても 夜は明ける それを僕は 眺めている 代わり映えのない 白い壁に 朝日は射す 時計も進む 君と生きた あの季節から …という歌いだしの曲です。

 

 

アニメ『 ギヴン 』の人気曲ランキング

『 ギヴン 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、 大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成しています(執筆時)。

現在、調査中・・・

まとめ

『 ギヴン 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめました。

 

『 ギヴン 』の主題歌は、OP曲がYahoo!検索ランキングで1位を記録するなど、人気コミックがアニメ化とだけあって、BLジャンルながら話題に上がりました。また音楽(ロックバンド)もジャンルの1つであるので、質の高いメロディとアレンジセンスが感じられる挿入歌にも注目です。ぜひアニメとともにお楽しみください。

 

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

 

s