【 月とライカと吸血姫 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 2 曲)一覧

21年秋アニメ

『 月とライカと吸血姫 』の原作は、牧野圭祐が小学館「ガガガ文庫」にて刊行している同名ライトノベルです。超大国間の宇宙開発競争が繰り広げられる世界を舞台に、有人飛行実験のために連れられた吸血鬼の少女と人間の青年が、種族の壁や国家のエゴに翻弄されながらも、ともに宇宙を目指す姿が描かれていく物語で、2021年秋にTVアニメ化され、話題となりました。

 

そこで今回は『 月とライカと吸血姫 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲・人気ランキング)をまとめます。




アニメ『 月とライカと吸血姫 』とは

『 月とライカと吸血姫 』は、牧野圭祐による日本のライトノベル。イラストはかれいが担当しており、『ガガガ文庫』から2016年12月20日より刊行中。

世界大戦の終結後、世界を二分する超大国、東のツィルニトラ共和国連邦、西のアーナック連合王国は、その領土的野心を宇宙へと向けた。両国は熾烈な開発競争を繰り広げ、そして今――東歴1960年。共和国連邦最高指導者ゲルギエフは、成功すれば人類初の快挙となる有人宇宙飛行計画『ミェチタ(夢)計画』を発令する 。

アニメ『 月とライカと吸血姫 』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ 編

OP. ALI PROJECT 『 緋ノ月 』

曲名 緋ノ月
歌手 ALI PROJECT
作詞 宝野アリカ
作曲 片倉三起也
編曲 片倉三起也

初代オープニング曲です。<いつか遠い宇宙にこの手が触れたら 世界中で轟くどんな祈りも届くわ>──メランコリックで壮大な音世界に繊細な歌詞。<宇宙>、<吸血鬼>がテーマとなった『月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)』の世界観を反映させた楽曲です。

 

エンディングテーマ 編

ED. Chima 『 ありふれたいつか 』

曲名 ありふれたいつか
歌手 Chima
作詞 Chima
作曲 Chima
編曲 永見行崇
Chima

初代エンディング曲です。透明感ある歌声で聴く者を魅了するアーティストChimaが歌う新曲です。Chimaのトレードマークであるギターはもちろん、エレクトロニカ要素を加えた宇宙を感じる楽曲となっており、日々の大切さをChimaがそっと語りかけてくれるように歌います。

 

アニメ『 月とライカと吸血姫 』の人気曲ランキング

順位 歌手 曲名 備考 アクセス
1 ALI PROJECT 緋ノ月 OP 14382
2 Chima ありふれたいつか ED 6824
 
『 月とライカと吸血姫 』で人気な曲ランキングを紹介します。
 
【 参考 】大手サイトでの歌詞検索・Youtubeアクセス数(PV数)をもとに当サイトで作成したランキングです

まとめ

『 月とライカと吸血姫 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめました。

 

『 月とライカと吸血姫の主題歌は、舞台設定としては1960年代のロシアをモチーフにしている話なので、シンセサイザーの音を使っていたりと、どこか教会感のある曲がアニメの世界観にマッチしています。聞けば聞くほど、アニメを深めてくれませので、ぜひお聴きください。

 

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。