【 ボーイズ・ビー 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 5 曲)まとめ

『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』は、イタバシマサヒロ原作、玉越博幸作画による学園ラブコメ。毎話舞台となる学校や主人公・ヒロインが変わるオムニバス方式の恋愛漫画が原作です。主題歌は、女優の前田亜季が担当しています。テレビアニメは舞台が統一されており、最終話ENにも使われた、村下孝蔵の楽曲「初恋」をモチーフにしたストーリーになっています。

そこで今回は『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)をまとめます。

【アニメソング総選挙2020年】Youtubeまとめ・今すぐフルで聞けます!

  • 第10位 炎炎ノ消防隊「インフェルノ」/Mrs. GREEN APPLE
  • 第9位 涼宮ハルヒの憂鬱「God knows…」/涼宮ハルヒ(CV:平野綾)
  • 第8位 シティーハンター「Get Wild」/TM NETWORK
  • 第7位 進撃の巨人「紅蓮の弓矢」/Linked Horizon
  • 第6位 とある科学の超電磁砲「only my railgun」/fripSide
  • 第5位~第1位は?




アニメ『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』とは

『BOYS BE…(ボーイズ・ビー)』は、イタバシマサヒロ(板橋雅弘)原作、玉越博幸作画による恋愛漫画・学園ラブコメ。週刊少年マガジンにて1991年から1996年まで連載。その後も2nd Season、next seasonと続き、現在は講談社イブニングにてadult seasonが不定期掲載中。

テレビアニメは2000年4月より7月までWOWOWアニメ作品として放送された。オムニバス方式で毎話舞台の変わる原作と異なり、都立音羽之森西高校に通う主人公と幼馴染を中心に、クラスメイト達の恋模様が描かれた。

アニメ『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ編

※オープニング(OP)曲は、全2曲あります。

OP1. 前田亜季だいじょうぶ

前田亜季

初代オープニング曲です。学生たちの青春への悩みと、それに対して『大丈夫』の想いを語り歌う名曲です。短い物語でハッピーエンドになる、青春の楽しさ・美しさを伝える『 BOYS BE… 』という作品にはピッタリな、希望に満ちた青春曲になっています。

OP2. 今井由香初恋 (村下孝蔵の曲)

今井由香(佐山ショーコ)

2代目オープニング曲です。最終話に使用された、村下孝蔵の名曲「初恋」のカバーです。ストーリー本編がこの曲をモチーフにしている為、まさに物語の振り返りになります。アニメ自体が楽曲の壮大なPVとも言える珍しいパターンです。作品を認知しているかで、歌詞の受け取り方も変わりますね。

エンディングテーマ編

※エンディング(EN)曲は、全2曲あります。

EN1. 前田亜季みんながいいね

前田亜季

初代エンディング曲です。OPと同じく青春の等身大の日々を歌った曲です。学校からの帰り道に景色を眺め、悩みごとを振り切っていく思春期の気分を、リアルな光景を浮かべることのできる歌詞と共に歌い上げています。懐かしい日々を思い出すさわやかな名曲です。

EN2. 今井由香My Tomorrow

今井由香(佐山ショーコ)

2代目エンディング曲です8話のみのEN曲。明日へ進むために素直になりたいと思いながらも、大人になることで抑えなければいけない気持ちがあるという苦悩の中、あがき成長していく心を歌った名曲です。

サントラ(挿入曲)編

※サントラ(挿入)曲は、全1曲あります。

挿1. 前田亜季『 内緒の気持ち 』

前田亜季

挿入曲です1話のみで使用された、恋の始まりを歌った恋愛ソングです。青春感の強いOP・EN曲と比べても、ヒロインから主人公への愛情を表したフレーズが多く、ずっと一緒に居たいという想いをいつか伝えられたらという想いがこもっています。曲単体で明るい気持ちになれる恋の名曲です。

アニメ『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』の人気曲ランキング

『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆時)。

現在、調査中です・・・。

まとめ

『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめました。

『 BOYS BE…(ボーイズ・ビー) 』の主題歌は、学校での様々な恋模様が描かれる本編にぴったりな、青春と甘酸っぱさを感じる名曲揃いです。各話で代わるカップルたちの恋の行方を、希望を持った歌詞で祝福する、そんな青春を感じるOPとENでした。是非、本編と一緒に主題歌を聞いて、青春の日々を感じて下さい。

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


人気関連アニメ

フォローする

▼ 同じカテゴリーの人気記事