【 荒ぶる季節の乙女どもよ 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 6 曲)一覧

部活,女子高生,友情,幼馴染

『 荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、原作・脚本をヒットメイカーの岡田麿里さんが手がけるています。高校の文芸部ものなので、『あの花』『とらドラ!』のような突き刺さる青春群像劇が楽しみなアニメ作品ですね。

 

そこで今回は『 荒ぶる季節の乙女どもよ。 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)・人気ランキングをまとめます。

アニメ『 荒ぶる季節の乙女どもよ。 』とは

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、原作:岡田麿里、漫画:絵本奈央による日本の漫画。『別冊少年マガジン』(講談社)にて、2017年1月号り連載開始

2019年7月より9月まで毎日放送『アニメイズム』B2枠ほかにて放送された文芸部に所属する5人の女子高生が性に振り回され、悩む様子が描かれる。

アニメ『 荒ぶる季節の乙女どもよ。』の歴代主題歌まとめ

オープニングテーマ編

※オープニング(OP)曲は、全 1 曲あります。

OP1. CHiCO with HoneyWorks『 乙女どもよ。 』


歌 – CHiCO with HoneyWorks

初代オープニング曲です。チコハニ11枚目シングルです。漫画の作者である「絵本奈央先生」の描きおろし絵柄と、荒乙とのスペシャルコラボ曲となっているようです。アニメにも合っていますが、文学を愛する人たちに対する応援歌として長く歌われていってほしいです。素敵だ、としか言いようがありません。

 

エンディングテーマ編

※エンディング(EN)曲は、全 1 曲あります。

EN1. 麻倉もも『 ユメシンデレラ 』

歌 – 麻倉もも

初代エンディング曲です。アニメの主人公を代弁したような歌詞ですね。物語の中で揺れ動いた感情を快晴にしてくれる曲だと思います。悩んだり、決意したり、10年後について考えてみたりといった誰にでもある青春時代の様子を、声を使い分けながら、感情を乗せながら見事に歌いきっています。

 

サウンドトラック編

挿1. THE BLUE HEARTS『 TRAIN-TRAIN 』

作詞・作曲 – 真島昌利 / 歌 – THE BLUE HEARTS

挿入曲です。ブルーハーツの名曲。「天才」という言葉は、むやみやたらに使うべきではないが、シンプルな歌詞、曲 からは想像しきれない程の奥深さを感じますね。

 

 挿2. ザ・タイマーズ『 お前の股ぐら 』

作詞・作曲 – ZERRY・TOPPI / 歌 – ザ・タイマーズ

挿入曲です。THE TIMERSの名曲。骨のあるロッカーが見当たらなくなった現代にこそ、忌野清志郎の存在の大きさがより感じられますね。

 

 挿3. CHiCO with HoneyWorks『 恋人ツナギ 』

作詞・作曲・編曲 – HoneyWorks / 歌 – CHiCO with Honey Works

挿入曲です。どうしよう 止まらない 好きすぎるから 届けていい?という歌い出しの曲です。

 

 挿4. THE BLUE HEARTS『 チェインギャング 』

作詞・作曲 – 真島昌利 / 歌 – THE BLUE HEARTS

挿入曲です。僕の話を聞いてくれ 笑いとばしてもいいからブルースにとりつかれたら チェインギャングは歌いだすという歌い出しの曲です。

 

アニメ『 荒ぶる季節の乙女どもよ。 』の人気主題歌ランキング

『 荒ぶる季節の乙女どもよ。 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、みなさん の大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆時)。

現在、集計中です・・。

まとめ

『 荒ぶる季節の乙女どもよ。 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめてゆきました 。

 

『 荒ぶる季節の乙女どもよ。』は全楽曲プロデュースとして、ニコニコ動画、YouTubeなど動画投稿サイトで活動するクリエイターユニット、HoneyWorksが 担当しています。統一性があって、クオリティーの高い音楽に注目ですね。

 

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。