【 はたらく細胞 】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全 4 曲)まとめ

『 はたらく細胞 』は、擬人化された細胞たちが、人間の体を健康に保つために働く姿や、有害な細菌やウイルスと戦う様子を描く人気物語。2018年7月にテレビアニメ化、同年11月に舞台版第1作が上演され、テレビアニメ第2期の製作も決定しましたね。

そこで今回は『 はたらく細胞 』の歴代アニメ主題歌(OP曲・EN曲)をまとめてゆきます。




アニメ『 はたらく細胞 』とは

『はたらく細胞』(はたらくさいぼう)は、清水茜による日本の漫画。『月刊少年シリウス』(講談社)にて、2015年3月号より連載中。2014年に行われた第27回少年シリウス新人賞の大賞を受賞した読切作品『細胞の話』を連載化したもの。

ここはとある「人」の体内。その中では数十兆個もの細胞が年中無休で働いている。赤血球は酸素を身体中に運び、免疫細胞たちは細菌やウイルスなどの身体を脅かす異常と戦い、その他の細胞も自分たちの働きを全うしている。小さなことから大きなことまで様々な騒動が起こる身体の中で、新米の赤血球「AE3803」や白血球「U-1146」などを中心に、そんな細胞たちの日常を描く。

アニメ『 はたらく細胞 』の歴代主題歌まとめ

1期

※オープニング(OP)曲・エンディング(EN)曲は、全2曲あります。

OP1. 赤血球、白血球ら『 ミッション! 健・康・第・イチ』

作詞・作曲 – ゆうまお / 編曲 – 末廣健一郎 / 歌 – 赤血球(花澤香菜)、白血球(前野智昭)、キラーT細胞(小野大輔)、マクロファージ(井上喜久子)

初代オープニング曲です。1.2.3.4 We are cells at work!今日も運ぶよ 酸素酸素 カラダ中のスミからスミへ だけど広くて 迷子迷子 手助けされてる はたらく細胞という歌い出しから、歌詞とアニメのマッチ具合が最高ですね。アニメもユニークですが、歌もめちゃくちゃユニークです。

EN1. ClariS『 CheerS 』

作詞 – ハヤシケイ / 作曲 – megane / 編曲 – 毛蟹 / 歌 – ClariS

初代エンディング曲です。君らしいペースで さあ 歩こうよ あつい陽の下…という歌い出しの曲です。アニソンとかのジャンルわけを軽々と飛び越えるクララとカレン、二人の美しくて爽やかで瑞々しいフルーツの香りのような歌声と楽曲にひきこまれます。

2期

※オープニング(OP)曲・エンディング(EN)曲は、全2曲あります。

OP1. 未定『 未定 』

初代オープニング曲です。決まり次第、記載。

EN1. 未定『 未定 』

初代エンディング曲です 決まり次第、記載。

アニメ『 はたらく細胞 』の人気主題歌ランキング

『 はたらく細胞 』人気な主題歌ランキングを紹介します。本ランキングは、大手サイトでの歌詞検索、アクセス数(PV数)をもとに本サイトで作成しています(執筆時)。

現在、集計中です・・。

まとめ

▼ 『 はたらく細胞 』公式HPへ(クリックで移動)

『 はたらく細胞 』の歴代主題歌(OP曲・EN曲 )をまとめてゆきました。

『 はたらく細胞 』の主題歌は、OP曲は、アニメを担当する声優チーム。EN曲は、破竹の勢いで進むClariSとなかなか熱いですね。アニメ2期も放送が決定しましたので、2期の主題歌がすでに楽しみですね。

本日も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

生物系アニメ





フォローする

▼ 同じカテゴリーの人気記事




コメント